第18回 社内安全大会

平成30年10月13日(土) 玉湯公民館
第18回 社内安全大会

10月13日、第18回 社内安全大会を実施しました。

平成30年度全国労働衛生スローガン
「こころとからだの健康づくり  みんなで進める働き方改革」
の唱和で始まりました。

世間一般にその言葉が浸透する中、何を改革するのかわからない人が殆どではないでしょうか。
一人一人が考えなければ何も変わらないこと、“どう変えていくのか”を真剣に考えなければいけない時代なのだと感じました。
第18回 社内安全大会
安全大会では、社員による現場での体験発表、安全パトロール報告などがありました。

体験発表では3名の社員より、現場での危険体験や、安全教育の大切さについての発表がありました。

経験年数の長いベテランの技術者や、大きな現場に入っている技術者などからたくさんの意見やアドバイスがあり、社員全員でそれを共有することができました。

これにより、怪我や事故が未然に防げ、何事もなく竣工を迎えられる現場ばかりになってくれればと思います。
第18回 社内安全大会
安全大会後には、「今日から始める健康づくり」と題して、保健師の岩谷美恵子様に講演頂きました。

講演の中では、生活習慣、飲酒や喫煙、ストレスが心や体にもたらす影響や病気などが紹介されました。

事前に調べて作って下さっていた健康リスク保有率比較表では、同業態と比べ、島根水道は健康リスクが高いことがわかりました。

血圧、脂質、喫煙...社員の平均年齢が高いことも少しは関係あるかもしれませんが、健康で毎日元気に働けるよう一人一人が考え、気を付けていかなければいけないことだと考えさせられた講演でした。



00039