環境美化活動

令和元年5月18日(土) 松江・出雲・雲南
*松江支部の様子
松江支部の様子
5月18日、島根県管工事業協会が県下一斉に行う「環境美化活動」に参加しました。

今年で11回目となるこの活動に、島根水道からも 松江、出雲、雲南の各支部に5名の社員が参加しました。

松江支部では、宍道湖沿いのゴミ拾いを行いました。
*松江支部の様子②
松江支部の様子②
参加した社員は、「今年もゴミが少なかった。」と話していました。

管工事業協会の小玉会長の挨拶の中でも、
「ゴミが少なく感じられた。普段から皆さんの街や道路を綺麗に保とうという心掛けがあるからではないか。」とありました。

この日は10年振りに開催されるホーランエンヤの初日でした。
県外からいらっしゃる方にも、松江の街は綺麗だと思って頂けたら嬉しいですね。
*出雲支部の様子
出雲支部の様子
出雲支部では、稲佐の浜自転車道のゴミ拾いが行われました。

参加した社員によると、コンビニの袋に入った空き缶や、たばこの吸い殻など、ポイ捨てされたと思われるゴミもあったようです。
ゴミが多いと感じる程ではなかったようですが、これから夏に向け、稲佐の浜付近の人出が多くなると予想されます。
と、同時にゴミも増えることと思います。

自分が出したゴミは持ち帰ることなど、ルールを守って利用する事を徹底して欲しいですね。
*雲南支部の様子
雲南支部の様子

雲南支部では、斐伊川堤防の草刈りが行われました。

この時期は、ウォーキングをする人も多いようで、そんな人達にも気持ちよく歩いてもらえたら、という想いで、約2時間の草刈作業が行われました。

こちらも春になるとたくさんの花見客で賑わいます。

きれいな桜並木をみんなで守りたいですね。

00103