トイレリフォーム工事 (松江市:M様邸)

工事前のトイレはとにかく狭く、便器に腰をかけると目の前にすぐ壁がある状態でした。

工事前のトイレはとにかく狭く、便器に腰をかけると目の前にすぐ壁がある状態でした。
また、床・壁共タイルだったので、冬は寒く、掃除をするのも大変でした。

M様邸は、この洋式トイレの隣りに男性用トイレがあったのでその部分を少し広げることにしました。

リフォーム後のトイレは奥行1350mmを確保しました。

そして、以前は手洗器兼タンクが室内の一番奥にあったため、手を洗い難いという問題がありましたが、手洗器を単独で設けることにより使い勝手が良くなりました。

また、出入口の段差が解消され、手すりも本来あるべき所に取付けられ、安全で使いやすくなりました。

床もタイルからCFシートに張り替えられ、掃除もし易くなりました。

トイレリフォーム工事 (松江市:M様邸)
01157